キンプリ永瀬廉&神宮寺勇太、自宅でセリフ練習のはずが脱線「めちゃめちゃジェンガ強かった」

「うちの執事が言うことには」完成披露試写会

King & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太が18日、都内で行われた映画『うちの執事が言うことには』の完成披露試写会に出席。撮影秘話を明かした。
本作で映画初主演を果たした永瀬と、本作が映画初出演となった神宮寺。
神宮寺が「撮影の前に『一緒に(台本の)読み合わせをしたい』と廉が言って、本読みを廉の家でやったんですけど、めちゃめちゃジェンガ強かったです」と唐突に語ると、永瀬は「僕の家の机の上にジェンガがあって、急にジェンガしようぜとなって、途中から2人でジェンガ対決になった」と説明。「目的が変わってしまって、そこから人生ゲームやらなにやら2人で……」と練習もそこそこにゲームに夢中になってしまったことを明かすと、共演の村上淳が「その時の動画ある?」と、ファンさながら動画を欲しがり会場を笑わせた。

ともにKing & Princeとして活動している2人だが、永瀬は「クライマックスの大事なシーンで、ジンがめちゃめちゃ集中してた」と、普段とは違う神宮寺の顔に驚いたという。「『俺に話しかけんなよ』みたいなオーラを出して、目を瞑って……、そんなジン見たことないですよ、いつもチャランポランなんで」と茶化しつつ、「ここまで集中してるジンは初めて見たから、僕も負けじと集中した」と振り返る。神宮寺は「おかげでいいシーンが撮れた。監督にも何度もトライさせていただいて、本当にありがたかったです」と手応えを口にした。

主演を務めた永瀬について、共演の優希美青が「人見知りと言っていたんですけど、全然人見知りを感じないくらい、座長としてしっかりされていた」と現場を盛り上げていたことを明かすと、永瀬たちより遅れてクランクインした神尾楓珠も「廉がうまく輪に入れてくれた。みんなの中心になってコミュニケーションをとってくれていた」と座長ぶりを絶賛。すると、ここでも村上が「『こっち来て、ぷっちょ食えよ!』みたいな感じ?」と、キンプリがCMキャラクターを務める商品を持ち出して、再び笑いを誘っていた。

永瀬は初めての映画主演を振り返り、「一番自分の中で思ったのは、もっと演技を勉強したいということ。ここに立っている皆さんが優しかったし、現場のスタッフの皆さんも暖かかったので、いい意味で主演と気負わずに自分らしくできた現場で、そういうのを経て、もっともっと勉強して、いろんな役をやらせてもらって経験を積みたいなという思いを強く感じました」と心境を吐露。「初主演作がこの『うちの執事が言うことには』という作品で心から良かったなと思いました」としみじみ語った。

本作は高里椎奈による同名ミステリー小説を実写映画化。名門・烏丸家の家督を継ぐようにと突然父から命ぜられた烏丸花穎が、仏頂面の新執事・衣更月蒼馬と不本意ながら主従関係を結び、烏丸家に降りかかる陰謀に立ち向かう様を描く。5月17日(金)公開。
イベントには清原翔、矢柴俊博、吹越満、久万真路監督も出席した。

「うちの執事が言うことには」完成披露試写会




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。