乃木坂46、“みんなで歌う喜び”を体現した「Sing Out!」 MV公開

乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」のMusic Videoが公開された。
Music Videoは4月上旬、山梨県内のスタジオで撮影。映像監督を池田一真、ダンスの振付をSeishiroという、昨年の日本レコード大賞受賞曲「シンクロニシティ」と同じタッグが手掛けた。タイトル通り、“みんなで歌う喜び”“クラップをして曲を楽しむ”ことがコンセプトとなっており、みんなが笑顔にそして幸せになれるようにとの思いが込められている。

メンバーはこの撮影のために3日間のダンスレッスンをみっちり行い、中でもセンターとしてソロカットが多い齋藤飛鳥は、Music Videoでは異例となる10日前からレッスンをスタート。何通りものダンスを身につけた上で撮影に臨んだ。
ソロやグループでのダンスシーンでは、この撮影自体の流れを重視するために1カット撮影を敢行。間違いが許されない緊張感漂う中で撮影が進行した。
また、歌詞に共感したメンバーが撮影中に歌いながら感極まる場面も多々見られたという。

乃木坂46の23rdシングル「Sing Out!」は5月29日(水)発売。






あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。