不思議すぎる美術モデルの実態にマツコもびっくり!『マツコ会議』5・4放送

『マツコ会議』 5月4日(土)放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)は、絵画や彫刻などの被写体となるヌードモデルのデッサン会場と中継を結ぶ。

 名古屋にある美術モデル専門の事務所では、ほとんどが女性で20~40代と年齢層も幅広く所属。美大生や美術系の専門学校生、画家など15名ほどがデッサンをする中で、マツコ・デラックスは20分に1回休憩を取りつつも1時間微動だにせずにポーズを取り続ける2人の裸婦に感心する。

 28歳の美術モデルに話を聞くと、3年前に生きている実感を感じたくて転身、仕事を通じていろいろな芸術家と出会えて明るい人生になったという。

 デッサンする画家たちが、美女の裸体を描くことに邪念がないか確信が持てないマツコは「実際描かれている側として、目線が気になったりしたことがあるか?」と質問。するとモデルは「あります、あります」と答え「あと、画家から奴隷になりたいと言われたことがある…」と驚きのエピソードを告白する。

 さらに、裸婦モデルと画家の夫婦が登場。きれいに自分を描いてくれるのがとてもうれしいという2人の不思議な夫婦生活を聞いて、マツコは「なんだこれ、プレイか?」と不思議がる。

『マツコ会議』
日本テレビ系
5月4日(土)後11・00~11・30




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。