「居眠り磐音」本木克英監督、国家老役・奥田瑛二は「すごみのある存在感」新場面写真解禁

映画「居眠り磐音」 5月17日(金)公開の映画「居眠り磐音」から、奥田瑛二演じる豊後関前藩・国家老・宍戸文六の姿を捉えた新場面写真が解禁された。

 本作は、佐伯泰英が手掛けるシリーズ累計発行部数2000万部を突破した時代小説「居眠り磐音」を原作とする時代劇エンターテインメント。

 主人公・坂崎磐音役を演じるのは、第42回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞した松坂桃李。松坂は本作が“時代劇初主演”となる。共演には、松坂とは5度目の共演となる木村文乃、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した芳根京子をはじめ、柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、陣内孝則、谷原章介、中村梅雀、柄本明らが集結する。

 奥田が演じるのは、豊後関前藩・国家老の宍戸文六役。琴平(柄本佑)が起こした事件を受けて、彼を討ち取るよう藩に命じる役どころだ。解禁された場面写真では、磐音(松坂桃李)の父・坂崎正睦(石丸謙二郎)、藩の目付頭・東源之丞(和田聰宏)らに囲まれ、まさに琴平を討ち取るように命じる場面のカット。

 貫禄ある演技で場を圧倒した奥田に対して、本木克英監督は「そのすごみのある存在感が、狡知にたけた国家老・宍戸文六に深みを加えてくださいました」とコメント。奥田はクランクアップの際「とても新鮮な気持ちで臨みました。緊張しましたが、それが良いプラスになったと思います。やりたいことを監督が許してくれて、最後まで芝居ができました。あとはよろしくお願いします」と。最後には本木監督と固い握手を交わした。

『居眠り磐音』
5月17日(金)より全国公開

原作:佐伯泰英「居眠り磐音 決定版」(文春文庫刊)

出演:松坂桃李、木村文乃、芳根京子
柄本佑、杉野遥亮、佐々木蔵之介、奥田瑛二
陣内孝則、石丸謙二郎、財前直見、西村まさ彦
谷原章介、中村梅雀、柄本明 ほか

監督:本木克英
脚本:藤本有紀
音楽:髙見優
主題歌:「LOVED」MISIA(アリオラジャパン)
製作:「居眠り磐音」製作委員会
配給:松竹

公式サイト:iwane-movie.jp

©2019映画「居眠り磐音」製作委員会




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。