ピエール瀧保釈の際に現れた、ケンタウロス姿の人の正体を解明!また、保釈金が安いと批判の声も・・・

コカインを使用したとして逮捕・起訴されたミュージシャンで俳優のピエール瀧被告が、4月4日に保釈金400万円を納付して、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈されました。

その保釈時に、ケンタウロス姿の人が現れたと話題になっています。

ケンタウロス姿の人はいったい誰なのでしょうか?

また、安すぎると批判が出ている保釈金について、裏事情も調査していきます。

ピエール瀧、コカイン使用で逮捕

テクノバンド『電気グルーブ』のメンバーで、俳優のピエール瀧被告(51)が麻薬取締法違反で逮捕されたのは、3月12日のこと。

3月12日頃、東京か東京近郊でコカインを使用した疑いによるものでした。

逮捕後の関東信越厚生局麻薬取締部の調べに対し、「コカインを使用したことに間違いはありません」と容疑を認めています。

その後、東京都世田谷区にある自宅から押収された韓国のウォン紙幣1枚から、コカインの成分が検出されていたことが分かりました。

関東信越厚生局麻薬取締部は、彼がストロー状に巻いたウォン紙幣を使ってコカインを吸引していた可能性が高いとみています。

また、「自宅とは別に借りている都内のマンションでコカインを使用した」とも供述しており、13日にこの部屋も捜査しています。

 

さらに取り調べの中で、「ストレス解消のためにコカインを使った」「20代のころからコカインと大麻を使用していた」とも供述しています。

このことから、少なくとも20年以上はコカインや大麻を常習的に使用していたとみられています。

保釈された時に現れたケンタウロス姿の人

ピエール瀧被告の弁護士は4月3日、東京地方裁判所に保釈を請求。

翌日、東京地方裁判所は保釈を認める決定をしました。

決定を受け、保釈保証金を即日で納付した彼が勾留先の警視庁東京湾署を出たのは、4月4日の夜。

東京湾岸署からスーツ姿で出てくると、集まっていたマスコミ関係者やファンに向けて、「この度、私ピエール瀧の反社会的な行為により、大変多くの皆様の方にご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を述べ、約30秒に渡って頭を下げました。

保釈の時には笑っているような場面もあり、「反省しているの?」と言った声も上がりました。

実はこの笑いの真相は、彼の保釈決定を知って東京湾岸署に駆け付けたファンの中に、ケンタウロスの着ぐるみを着た人物がいて、その姿を見たことで思わず笑ってしまったという事のようです。

ケンタウロスの着ぐるみは、被告がライブで着ていたものを似せて作ったもののようで、『瀧!!一からガンバレ!!』と綴られたボードを手に持ち、エールを送っていました。

 

保釈時に現れたケンタウロス姿の人は、彼のファンのようですね。

このファンについて、ネット上ではたくさんの声が上がりました。

おもしろがる人、称賛する人、さまざまな反応が挙がっていますが反面、麻薬取締法違反で逮捕・起訴されたというのに、過剰に擁護するのはいかがなものかとの声もあるようです。

保釈金が安い!?

ピエール瀧さんの保釈保証金は400万円でしたが、この額は安すぎるのではないか?と批判の声が上がっています。

保釈保証金は、身柄を釈放する代わりに公判への出頭などを確保するために、裁判所に預けるお金です。
その性質から、保釈保証金の額は、保釈される人にとって没収されたくない、そのお金が返ってくるのなら刑を科される可能性があっても出頭する、と思わせる金額でなければなりません。

特別な資産がない人の保証保釈金は、150万円~300万円前後になることが多いようです。
この金額は、一般的なサラリーマンの年収を400万円前後とした場合の額です。

このことを前提にピエール瀧さんの保釈保証金400万円を見た場合、たしかに額が少ないようにも思えます。
ピエール瀧さんの年収は2億円~3億円ではないかとのうわさがあり、世田谷にある自宅は4億円もしたとか。
単純に年収から保釈保証金を計算すると、その額は1億円~1億5000万円以上。
さすがにピエール瀧さんの保証保釈金が億を超えるとは考えにくいですが、400万円との差が大きすぎるのも確かです。

このことに関して、マスコミ関係者は、「逃亡の恐れもないだろうし、『今後の捜査協力』や更生の意思が認めらたのでは」とコメントしています。
たしかに、広く芸能活動を行ってきたピエール瀧さんが、麻薬関係の捜査協力をするとなれば、その情報の価値は計りしれません。

この先、ピエール瀧さんの情報を元に、芸能界から次々と麻薬関係の逮捕者が出る可能性も否定できない状況のようです。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。