GENERATIONS from EXILE TRIBE、“7年間で一番変わったメンバー”に全員一致の回答

GENERATIONS from EXILE TRIBEが12日(日)、東京スカイツリータウンで行われた「東京スカイツリータウン7周年記念 サマンサタバサ25周年連動企画 東京スカイツリー特別ライティング点灯式イベント」に登場した。
イベントは、サマンサタバサの25周年イヤー特別プロジェクト「25周年の感謝を込めて。-365の夢を叶える。-」の企画の1つとして、東京スカイツリータウンの7周年を記念し、同じくデビュー7年目を迎えたGENERATIONS from EXILE TRIBEの7人を迎えて開催。会場に集まった800人のファンとともに7秒前からカウントダウンをスタートし、「サマンサハッピーアニバーサリー!」の掛け声で、7色の特別ライティングを点灯させた。

トークタイムでは、7年間で一番印象に残っていることを聞かれた佐野玲於が「笑い話だと思っているんですけど、ベトナムにお呼ばれして行って、コーディネーターさんに『ベトナムのイオンに3000人来る』って言われて、おい、やべーぞって。俺ら全然新人なのにベトナム行っても3000人来ちゃうの!? テンション上がる!と思って、バッと行ったら100人くらいしかいなかった」と、デビュー間もない頃のエピソードを明かして会場を笑わせた。実際はショッピングモールの1日トータルの来場者数が3000人だったそうで、メンバーも「今となれば笑い話」と懐かしそうに振り返っていた。

「7年間で一番変わったメンバー」を一斉に指差すことになると、中務裕太で全員が一致。本人も自覚していたようで、おどけたポーズ。すると関口メンディーは「こんなふうに欲しがるなんてことはなかった」と7年前との変化を熱弁。
他のメンバーからも「マイルドになった」「なんなら触れてくんなくらいの勢いだった」「喋りたくなさそうだった」との証言が相次ぎ、「最近は喋りたい欲がすごいよね。いつでもどこでも出せる一発ギャグを常にいろんなとこで仕込んでるよね」と言われた中務が一発ギャグを披露する流れに。一歩前へと歩み出て渾身の一発ギャグを披露するも、会場はややウケ。「けっこうスベってるんですけど、この空気けっこう好き」と本人は満足げだった。

GENERATIONSはこれまでに何度も楽曲が同ブランドのCMソングに起用されており、中でも最初に起用された3rdシングル「Love You More」についてはメンバーも思い入れが深い様子。
ボーカルの数原龍友は「けっこう知り合いの方からも『Love You More』はGENEの中で一番好きな曲かもと言われることが多かったりとか、この前結婚式で流しましたって人がいたりして、自分たちを知ってもらうきっかけになった一曲だったなというのはみんな感じていると思う。サマンサさんのあのCMのおかげでたくさんの広がりを作れた一曲。今でも歌う時はいろんな思い出がよぎる」と話し、同じくボーカルの片寄涼太は「CMの雰囲気と曲の雰囲気がマッチしていて、今も鮮明に覚えている。あのCMがあって、GENERATIONSの幅も広がったし、まだまだデビューしたての僕たちの楽曲をあんな素敵なCMに起用していただけたのはうれしかった思い出ですね」としみじみと語った。
7人はサマンサタバサの表参道GATES店で一日販売員を務めたことも。白濱亜嵐は「あの時は直接店舗に7人で立たせてもらって、どういう会話をしたらいいいんだろうとかすごい考えてましたね。僕自身、アルバイトしたことがなかったので、お店に立つってどういう感じなんだろうなってすごく考えながらやった記憶がありますね」と当時を振り返っていた。

東京スカイツリー特別ライティングは 5月18日(土)・19日(日)・22日(水)〜24日(金)に点灯。

スカイツリーの点灯式に登場したGENERATIONS from EXILE TRIBE




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。