柄本佑&瀧内公美主演「火口のふたり」予告編&野村佐紀子撮り下ろしのビジュアル解禁

映画「火口のふたり」 8月23日(金)公開の映画「火口のふたり」の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

 本作は、直木賞作家・白石一文による同名小説を映画化。主演に柄本佑と瀧内公美を迎え、日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦の監督第3作となる、男と女の不確実な愛を描いた“R18”衝撃作。

 予告編は、数枚のモノクロの写真にのせて直子(瀧内公美)が、昔の恋人・賢治(柄本佑)に結婚式への参加を促す声から始まる。

 数年ぶりに再会を果たした賢治と直子。再会を喜ぶのもつかの間、直子は一冊のアルバムを賢治へ差し出す。そこには、一糸まとわぬ2人の姿がモノクロームの写真に映し出されていた。

 「このアルバムを見ながら、私はしょっちゅう賢ちゃんの身体を思い出していたよ」と告白する直子。戸惑う賢治だったが、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の一言をきっかけに、ただ欲望のままに生きていた青春の日々に戻っていくように、2人はお互いを求め合う。

 直子の婚約者が戻るまで、ふたりぼっちの5日間。身体の言い分に身を委ね、どうしても離れられない2人の姿が「世界が終わるとき、誰と何をして過ごすか?」という究極の問いを観る者に突きつける予告編となっている。

 ポスタービジュアルは、モノクロームの詩的で濃密な男性ヌード写真で知られる写真家・野村佐紀子による撮り下ろし写真を使用。寒空の下で抱き合う賢治と直子が真っすぐに正面を見つめ、「今夜だけ、あの頃に戻ってみない?」という直子の本編中の重要なセリフがキャッチコピーとして使用されている。

「火口のふたり」
8月23日(金)より公開

出演:柄本佑 瀧内公美
原作:白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
脚本・監督:荒井晴彦
音楽:下田逸郎
製作:瀬井哲也 小西啓介 梅川治男
エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎 森重晃
プロデューサー:田辺隆史 行実良
写真:野村佐紀子
絵:蜷川みほ
タイトル:町口覚
配給:ファントム・フィルム

公式HP:http://kakounofutari-movie.jp/ レイティング:R18+

©2019「火口のふたり」製作委員会




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。