浅川梨奈、二部構成の新感覚オリジナルホラー「黒い乙女Q&A」に主演

今年1月にアイドルグループ・SUPER☆GiRLSを卒業し、女優活動を本格始動中の浅川梨奈が、2作連続公開される映画『黒い乙女Q』『黒い乙女A』で主演を務めることがわかった。

映画「黒い乙女Q」ポスタービジュアル

映画「黒い乙女Q」ポスタービジュアル

本作は第56回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品された映画『極道恐怖大劇場 牛頭GOZU』(03年/三池崇史監督)や話題作『麻雀放浪記2020』の脚本、満島ひかり主演『シリーズ江戸川乱歩短編集』の監督を務めた佐藤佐吉が手掛ける新感覚オリジナルホラー作品。
養護施設で育った孤児の少女が、裕福で優しい一家に引き取られ生活するが、周囲にひた隠しにしている家族のとある“秘密”を知ってしまったことにより、数奇な運命に巻き込まれてしまうというストーリーで、ラストには大どんでん返しも待ち構えている。

主人公・芽衣役で主演を務める浅川は、「人間の心理に迫るような内容になっているのでより恐怖を感じる、面白い作品だなと思いました」と、脚本を読んでの印象を語る。
撮影を振り返り、「佐吉監督はご自身も俳優業をされているので相談をさせて頂くとアドバイスをくださったり、『こうしてみたい』といったこちら側の気持ちも組んでくださるのでハードな作品ですがとても楽しい撮影でした」とコメント。
特に監督や共演者と話し合って出来上がったというラストシーンが印象に残っているといい、「人間の黒い部分の中にも見える優しさや思いやりが見えるラストになったのではないかと思います」と自信をのぞかせている。

共演には『バイプレイヤーズ』のジャスミン役でおっさん俳優を虜にした北香那、『下町ロケット』『居眠り磐音』に出演する和田聰宏、映画『欲動』で体当たりの演技をみせた三津谷葉子、『カメラを止めるな!』の「ポン!」で日本中を笑わせた、しゅはまはるみ、人気芸人・メープル超合金の安藤なつ、『トリハダ~夜ふかしのあなたにゾクッとする話を』で観る者を恐怖のどん底に落とした笹野鈴々音らが名を連ねた。

映画『黒い乙女Q』は5月31日(金)より、『黒い乙女A』は8月16日(金)にシネマート新宿ほかで公開。

佐藤佐吉(監督・脚本)コメント

「今まで誰も見たことがない恐い映画」それが今回監督するにあたり自身に課したテーマでした。監督デビュー15年目にしてやっと念願の大好物だったホラー映画を、しかも完全オリジナル脚本で挑めるチャンスをいただき、今まで自分の中に貯めに貯めた「恐怖」を全て投入しました。映画を見た人全員が悪夢にうなされますようにと願いをこめて…。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。