齋藤飛鳥、松村沙友理ら涼を運ぶ 乃木坂9人が浴衣でランウェイ【GirlsAward 2019 S/S】

国内最大のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」が18日、千葉・幕張メッセにて開幕。ファッションブランド「GRL(グレイル)」のステージでは乃木坂46の齋藤飛鳥、与田祐希、久保史緒里、堀未央奈、佐藤楓、梅澤美波、新内眞衣、桜井玲香、松村沙友理の9人が浴衣姿でランウェイを歩いた。
トップバッターで登場したのは同ブランドのイメージモデルを務める齋藤で、薄いピンクに大判のボタンが描かれた浴衣を着用。髪はアップスタイルに白い花を添え、大人らしさを演出した。

仲良く並んで登場したのは与田と久保。与田はボタン菊柄の淡いピンク色、久保はユリをあしらったパープル色の浴衣で、手に持った花から顔をひょこっと出すキュートなポーズを決めた。堀は濃い黄×白×水色とレトロな色使いで魅せ、佐藤は白地に映える真っ赤な椿がアクセントに。水彩調のラインが涼しい浴衣をチョイスした梅澤は梅澤は、投げキスで声援に応えた。

新内は菊を散りばめたブルーとイエローの配色が爽やかな浴衣で、桜井は元気な印象を与えるひまわりを紺と帯の赤で締める大人レディスタイルに。松村は赤と白、ピンク色の花が大胆にあしらわれた華やかな浴衣でトリを飾った。最後は9人全員でランウェイに現れ、観客席にプレゼントを投げ入れた。

「GRL」の後に行われたコンタクトレンズ「elebelle」のステージには齋藤がゲストとして出演。そのまま浴衣姿で登壇すると、MCの南海キャンディーズの山里亮太、女優の松岡茉優から「かわいい~」などと称賛を浴びていた。

「GirlsAward」は「渋谷からアジアへ。そして世界へ。」というスローガンの下、年2回開催されるファッション&音楽イベントで、今回で19回目。総勢147人のモデルがランウェイを彩るほか、乃木坂46、日向坂46、ラストアイドル、FANTASTICS from EXILE TRIBEらアーティストによるライブステージも展開。MCは南海キャンディーズの山里亮太、ゆりやんレトリィバァ、日本テレビの笹崎里菜アナウンサー、そしてガルアワ初参加となる女優の松岡茉優が務めた。

齋藤飛鳥 GirlsAwardに登場した乃木坂46




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。