[Photo Report]人気モデルのランウェイ&アーティストライブに3万3000人が歓声【GirlsAward 2019 S/S】

18日(土)、国内最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」が千葉・幕張メッセで開催され、延べ3万3,300人を動員した。
19回目の開催となった今回の「GirlsAward」では、新木優子、池田美優、滝沢カレン、トリンドル玲奈、藤田ニコル、齋藤飛鳥、白石麻衣ら総勢147人の人気モデルによるファッションショーや、乃木坂46、日向坂46、TWICE、FANTASTICS from EXILE TRIBEらアーティストによるライブステージが展開された。
ファッション誌「non-no」のステージでは西野七瀬が乃木坂46卒業後初となるランウェイを歩き、俳優の山田孝之がプロデュースした「QALB」のステージでは、ムロツヨシ、SKY-HIやTAKUYA∞(UVERworld)らがモデルとして登場し、観客を沸かせた。

また、サプライズとして前日17日に封切られた映画『うちの執事が言うことには』のステージが行われ、同作キャストからKing & Princeの永瀬廉、神宮寺勇太、清原翔が登場。会場は黄色い歓声に包まれた。

GirlsAward 2019 S/S




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。