田中圭がインテリヤクザに!「ムロさんを毎回脅してる(笑)」ムロツヨシ×古田新太『Iターン』出演決定

『ドラマ24「Iターン」』 7月スタートのムロツヨシ×古田新太W主演ドラマ『ドラマ24「Iターン」』(テレビ東京ほか)に、田中圭が出演することが決定。また、古田率いる岩切組の組員も発表された。

 本作は、「侠飯」「すじぼり」など、多数映像化されている福澤徹三の同名小説のドラマ化。冴えないサラリーマン・狛江光雄(ムロツヨシ)に突如訪れた、ヤクザたちとのジェットコースターのような地獄の日々を描く。

 田中圭が演じるのは、狛江(ムロ)を利用し、岩切(古田)率いる岩切組をつぶそうと企む「竜崎組」の組長・竜崎剣司。竜崎は、冷徹で計算高い頭脳派のヤクザ。昔気質で義理と人情を重んじる岩切とは全く違うやり方でのし上がり、バチバチと火花を散らす。

 そんな2つの組が対立する街にやってきた崖っぷちサラリーマン・狛江は、赴任早々まさかのトラブルによって、竜崎には目を付けられ、岩切には舎弟にされてしまう…。そんなトラブル続きの狛江を竜崎は、アメとムチを使い分け言葉巧みに利用する。岩切組の舎弟とサラリーマンの二重生活に加え、次々と仕掛けられる竜崎の罠――。狛江はどうピンチを切り抜けていくのか?狛江と岩切、そして竜崎と絶妙な掛け合いは必見だ。

 また、古田率いる岩切組の組員も発表。岩切組で狛江の教育係的な存在・桜井勇一役に毎熊克哉。岩切を尊敬し、強面だが人情に厚い男・西尾誠次役に塚原大助。岩切のためなら無理な相手に突っ込む・牛窪克弥を菊池均也。極端に口数が少なく、声を出すことがほぼないが絶品のまかないを作る・伊丹義三を森羅万象が演じる。

<田中圭コメント>
僕が演じる竜崎は、分かりやすい言葉で言うとインテリヤクザ。こういう役は久々だったのと、ムロツヨシさんや古田新太さん、ほかにも知っている人がいたので、楽しそうだなと思いました。
ムロさんとは、実は現場でお会いしたことがなかったのでお会いできてすごくうれしかったです。“ムロ節”を生で体感できて面白かったのですが、ムロさん得意のアドリブをもう少し堪能したかったなと思います。作品自体はコメディ要素がすごく強い作品なんですけど、僕とムロさんのシーンは毎回僕が脅しているので(笑)。
新太さんは、こういう役を相当数やられているのでそんな新太さんに同じヤクザ役としてなんとか対峙できるように、気持ちの面では負けないよう意気込みを持って現場に臨みました。
脚本を読んだだけでも、完成を楽しくイメージできる作品だったので、きっとそれ以上に僕のイメージじゃ足りないところが面白く追加されて、笑ってもらえるんじゃないかなと思います。
主人公が、周りの人たちに強く言えずにどんどん巻き込まれていってしまう様子を、イライラするのか、面白おかしく見てくれるのか、それは皆さん次第ですが(笑)。そんな主人公をムロさんがきっとすごく愛せるようなキャラクターにしているので、皆さんで愛していただければなと思います。

<ムロツヨシ コメント>
田中圭君とは初めてお芝居したのですが、やっとだなという感覚があり、うれしかったです。僕は“嫉妬”を誉め言葉として使うんですけど、彼は、嫉妬するぐらいのお芝居の感覚を持っていると思います。間(ま)だったり、面構えだったり…。今回は、そんな彼にガンガンすごまれて“やられる”という役なので、この関係性ならではの「会話」というものを成立させたいし、それをしてくれる役者さんだということは間違いないです。

<古田新太 コメント>
圭ちゃんとはピストルの撃ち合いをして2人でぶっ飛ぶというシーンがありました。今まで共演しても、そんなに絡むことがなかったので、同じ画角でピストルの撃ち合いをしたのが楽しかったです。

<あらすじ>
中堅広告代理店・宣告社に勤める狛江光雄(ムロツヨシ)は45歳にして、左遷同然の人事で本社から地方の支社へ―。妻と娘を東京に残し、ヤクザが牛耳る“修羅の街”へ単身赴任することに。社員2名の貧弱支店の支店長になった狛江は「業績アップしなければ即閉鎖・即解雇!」と無理難題を押し付けられる。
家のローンに、娘の進学…リストラされるわけにはいかない。馴れ合いになった業者の見直しや新規の営業…本社仕込みの営業手腕で売り上げアップを図る。
そんな中、新規でチラシの制作を請け負った会社から突然、電話が。
これが悪夢の始まりだった…。
怒り心頭の社長・竜崎(田中圭)が手にするのは狛江が担当したチラシ。そこにはとんでもないミスが。しかも、その会社は「竜崎組」というヤクザの会社だということが発覚。狛江は絶体絶命のピンチに陥る。
さらに、追い打ちをかけるように「岩切組」の親分・岩切(古田新太)も怒鳴り込んでくる。岩切が激怒しているワケとは…。
突然2人の組長に挟まれ危機的状況の狛江。家族のために働く冴えないサラリーマンの人生が一転、借金を抱え、身売りのピンチ。さらに、岩切は無理やり狛江を「舎弟」として岩切組の一員に。
“修羅の街”で広告マンとヤクザの危険な二重生活がスタート。不幸の無限ループに陥った男のI(=自分)ターンとは!?

ドラマ24『Iターン』
7月スタート
テレビ東京ほか 深0・12
※テレビ大阪のみ、翌週月曜 深0・12

原作:福澤徹三
脚本・監督:内田英治
出演:ムロツヨシ、古田新太、毎熊克哉、塚原大助、菊池均也、森羅万象/田中圭

©「Iターン」製作委員会




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。