『集団左遷!!』別所哲也が福山雅治の上司役で登場!筒井道隆もゲスト出演

©TBS

©TBS

 福山雅治主演の日曜劇場『集団左遷!!』(TBS系)の第7話(6月2日(日)放送)から、別所哲也が登場。さらに、筒井道隆がゲスト出演することが決定した。

 本作は、50歳を目前にして廃店が決まっている銀行支店の支店長となった片岡洋(福山雅治)と、リストラ寸前の銀行員たちが協力して大逆転に挑む“平成最後の、そして令和最初の下克上”を描く物語。

 5月26日(日)放送の第6話では、最後まで奇跡の粘りを見せたものの、片岡は銀行員としてのプライドを守り1億円の融資を撤回。100億円のノルマにあと一歩及ばず蒲田支店の廃店が決定してしまった。しかし、片岡の頑張りでリストラだけは回避され、日本橋支店の副支店長として異動することとなった真山徹(香川照之)をはじめ、滝川晃司(神木隆之介)、木田美恵子(中村アン)ら部下たちは無事、銀行員としてそれぞれ新たな配属先へ胸を張って旅立っていった。

 6月2日(日)放送の第7話から、物語は第2章へ突入。本部の融資部へ呼び戻された片岡は新たな試練に見舞われる。蒲田支店を犠牲にして専務に出世した因縁の敵・横山輝生(三上博史)と片岡とのバトルの行方は?果たして片岡は再び頑張ることができるのか…。

 そして、第7話から片岡の上司である融資担当常務・隅田優役で別所哲也の出演が決定。別所の日曜劇場への出演は、『逃亡者 RUNAWAY』以来15年ぶり、TBSの連続ドラマには『ステップファザー・ステップ』以来7年ぶりとなる。

 隅田は、新しい部署で新たな壁に挑戦する片岡を見守る上司であり、今後の物語を大きく動かすキーマンとなる存在。福山とは今作が初共演となる。

 さらに、第7話のストーリーのカギを握る重要人物の一人である、マルハシホールディングスの副社長・丸橋太郎役で筒井道隆の出演が決定。筒井の日曜劇場出演は、連続ドラマとしての日曜劇場がスタートした記念すべき1作目『丘の上の向日葵』以来26年ぶり。筒井も福山と今作が初共演となる。

 そのほか、マルハシホールディングス会長・丸橋雄一郎役に本田博太郎、マルハシホールディングス元経理部長の上原友治役にモロ師岡、三友銀行日本橋支店の支店長・金村勇二役に川原和久、三友銀行融資部部長・栖原光男役に伊藤正之、同じく融資部1課の課長・篠田学役に須田邦裕、融資部1課係長・新堂秀樹役に馬場徹が決定。彼らが物語にどう関わるのかにも注目だ。

©TBS

©TBS

<別所哲也コメント>
私が演じる隅田は、銀行という組織にいながらも派閥に入らず、徒党を組まずにいる人物です。しかし、同時に組織の論理みたいなものもきっと理解していて、その中で苦悩しながらどっちを向いて仕事をしていいのかという方向感の中で、福山さんが演じる片岡と出会って、変化していくんだろうと思います。
片岡のような心の火を絶やさずにいる男と出会い、自分の中に閉じ込めていた情熱に光が当たる、そういった部分を心の重心を低くして演じたいですね。
独特な世界観を持っている三上さん演じる横山、ミュージカルの先輩でもある市村さんの存在感もすごいですし、出演の皆さんの個性が光っていて、その中でも福山さんと香川さんの“バディー感”がすごく伝わりますし、個人的にはそこへ入っていける“三銃士”になっていければいいなと思います。
福山さんとは今回が初共演なのですが、現場ではとても気遣ってくれていて、いろいろなことを聞いてくれて、本当に素敵な方だなと思います。このドラマは、勧善懲悪というよりかは、皆が抱えている正義をぶつけ合っている熱いドラマです。私の父、そして祖父も銀行員でしたから、片岡のポジションと同じ融資部にいたときの父の姿もよく見ていましたし、片岡が、銀行って本当は何のためにあるのか?と問いかけるシーンがあるのですが、そのにじみ出る苦悩であったり、誰もが共感できる心にもう一度火をつける瞬間があると思うので、そこが見ていただきたいポイントですね。

©TBS

©TBS

<筒井道隆コメント>
日曜劇場に出演させていただくのは26年ぶりになります。
実は、僕の人生で自慢の一つでもあるのですが、TBSの日曜劇場枠(※当時は東芝日曜劇場)の単発ドラマとしての最後の年の作品『除雪車より愛をこめて』と、同じ年に連続ドラマ枠になった第1作目の作品『丘の上の向日葵』(山田太一原作・脚本)に出演させていただいいています。それもあって非常に縁を感じております。
久しぶりに日曜劇場の現場に帰ってきて、あらためて当時を振り返ると、演出家含めスタッフに職人気質の人が多くて怖かったという記憶があります。現場は独特な雰囲気で緊迫していて、とてもNGを出せる空気ではなかったです(笑)。それに比べると、今の現場は楽しかったし、もっと皆さんと仲良くなりたかったです(笑)。
福山さんとは初めての共演でしたが、すごく頼りがいのある“アニキ”という感じでした。僕は長男なんですが、ずっと兄が欲しかったので、福山さんのようなお兄ちゃんがいてくれたらいいなと思いました。
今回、そんな日曜劇場『集団左遷!!』に出演する機会を与えていただいて、感慨深いものがありますし、ありがたいです。“ふるさと”に帰ってきたという感じです。視聴者の皆様にどのように伝えられるか、楽しみです。

日曜劇場『集団左遷!!』
TBS系
毎週日曜 後9・00~9・54

<第7話(6月2日放送)あらすじ>
蒲田支店の廃店により、本部の融資部へ異動した片岡(福山雅治)。落ち着く間もなく、全国展開する総合百貨店・マルハシホールディングスのダニエル・バックCEOが会社資金102億円を私的流用した疑いで東京地検特捜部に逮捕される、という衝撃的なニュースが飛び込んでくる。マルハシは4年前、アメリカの大手百貨店・ウィルマンズと合併したものの業績の低迷にあえいでいた。
金融庁の立ち入り検査を控えて大わらわの中、横山専務(三上博史)がマルハシ再建の緊急プランを提案する。それは、ダニエルの解任およびウィルマンズとの合併解消、そして丸橋雄一郎会長(本田博太郎)を再び社長に就任させるというものだった。だがそんな折、日本橋支店の副支店長に就任した真山(香川照之)の元に「ダニエルは丸橋会長にはめられた」という告発メールが届く。果たしてメールは事実なのか。
片岡は上司である融資担当の隅田常務(別所哲也)に相談し、自ら調査に乗り出そうとするが…。

©TBS




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。