King & Prince岸優太がお遍路に挑戦!「若い自分でも楽しめるもの」『イマドキ遍路はじめませんか?』6・9放送

©RSK

©RSK

 6月9日(日)に『千鳥もビックリ!!イマドキ遍路はじめませんか?』(RSK/TBS系)が放送されることが決定した。

 四国地方に弘法大師が開いたとされる四国八十八ヶ所霊場。『四国遍路』とは、弘法大師の足跡をたどり、八十八ヶ所のお寺を巡礼すること。来年2020年には、空海が弘法大師の名を天皇から授与され1100年の記念の年を迎えるが、今その形が大きな変化を遂げているという…。SNSやアプリで巡礼をお手伝い、自転車、徒歩、はたまたバスツアーまで、巡礼の手段もいろいろ。さらに、温かいお接待所にオシャレな遍路宿も。

 一方で、時代を超えて変わらないのは「人のこころ」。彼らはなぜ巡るのか。この番組は、千鳥らが「四国遍路」の驚きのイマドキ情報と、その道のりで生まれる人間ドラマに迫るドキュメント・バラエティーだ。

 そんなイマドキのお遍路に人気タレントが初挑戦。四国八十八ヶ所霊場を巡りながら、イマドキのお遍路をガチ体験する。遍路道では若者や外国人も多く、歩き遍路の2~3割は外国人だという。また、「お接待」と言われるもてなしや、参拝者のための宿泊施設「宿坊」も紹介。

 今回の遍路リポーターは、チャンカワイ。四国4県を巡り、今回初めてのお遍路体験。“お助けリポーター”としてチャンカワイに同行するのは、デヴィ夫人、流れ星のちゅうえい、ミキ、STU48(三島遥香・石田みなみ・田中晧子)。弘法大師の足跡をたとり、さまざまな体験をすることで彼の中で何かが変わったのか?

 徳島では、山坂勾配がきつい「遍路ころがし」に挑戦。しかし想像を超える過酷な道のりを登り切れるのか。高知では、いつか遍路体験をしてみたいと思っていたというデヴィ夫人がトゥクトゥクに乗って登場し、チャンカワイに同行。夫人はお遍路の装束を希望し、一緒に寺を巡った後、宿坊での食事を体験、そのおもてなしに大満足する。そこでは結願した高校1年の兄とその弟に出会う。兄弟はなぜ遍路を続け、そこで何かが変わったのか話を聞く。

 チャンカワイの遍路旅は、愛媛へと続き、ミキや、瀬戸内を拠点とするアイドルグループ・STU48のメンバー3人が道中を共にする。

 その他、「女子旅お遍路」として、ガンバレルーヤ、TikTok人気ランキングに入る西村歩乃果、香川県出身の山下耀子が女子旅ならではの楽しみ方を紹介する。

 ロッチの中岡創一とKing & Princeの岸優太は、香川県にある七ヶ所のお寺を回れば88カ所を回ったのと同じご利益があるという「七ヶ所まいり」へ。ロッチと岸はいったいどんなお願いをしたのか?2人は道中「七ヶ所まいり」20回以上だという“寺ガール”にも出会う。

 さらに、番組では妻を病気で亡くした後、お参りが自分の役目だという男性や、出会った人に“福”を分けているという若者など、巡礼中のお遍路さんにも密着取材する。

<チャンカワイ コメント>
今回のロケでは、結願した人たちと関われたことに感謝している。
行く前には、お遍路は“修行”“自分磨き”と思っていたけれど、実際行ってみるとスマホ片手に楽しんだり、充電させてくれるお接待など、イマドキなアミューズメント感を味わうことができた。お遍路は通過点を楽しんでいくもので人生と一緒、成長していくのを感じることができる。“イマドキ”を尊重することができるのが、進化した遍路旅ではないかと思う。

<岸優太 コメント>
お遍路は今回初めてで、楽しみながら学ぶことができる場でした。若者や外国人とも出会い、お接待でやさしさに接することもできました。お遍路というと難しいイメージがありましたが、楽しんでご利益をもらえ、若い自分でも楽しめるものだと今回のロケでものすごく感じて、もっとお参りしたいと思いました。

『千鳥もビックリ!!イマドキ遍路はじめませんか?』
RSK/TBS系
6月9日(日)後3・30~4・54

©RSK




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。