寺西拓人「貴重な体験になりました!」『ストロベリーナイト・サーガ』で難役に挑戦

『ストロベリーナイト・サーガ』 木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)の第7、8話で描かれる「インビジブルレイン」に出演した寺西拓人(ジャニーズJr.)がクランクアップし、コメントが到着した。

「インビジブルレイン」前編となる第7話では、事件の重要参考人として一人の青年、柳井健斗が浮上する。柳井は過去に実姉を何者かに殺され、さらに、警察の誤認により容疑を着せられた実父を自殺で亡くすという、つらく悲しい過去を背負った青年。殺された暴力団員が実姉の恋人だったことから、何らかの関係があるとして柳井の名が浮上するも、警察上層部は過去の不祥事を隠ぺいするべく「柳井を追うな」と指示。捜査禁止令が邪魔をし、柳井の居場所特定は難航を極める。

 柳井役を演じたのは、ジャニーズJr.として活動し、俳優としての活躍も期待される寺西拓人。木曜劇場初出演となる今作で、複雑な心情を抱える難役に挑んだ。クランクアップを迎え、山内大典監督から花束を受け取ると「貴重な体験になりました!またご一緒できるように頑張ります。ありがとうございました」と感謝。クランクアップ写真は、アパートの階段である男に殴られるというハードなシーンを撮影した直後のもので、ドラマで使用した血のりが口元についたまま、はにかんだ笑顔を浮かべた。

<第8話「インビジブルレイン」後編(5月30日(木)放送)あらすじ>
暴力団組織・六龍会の構成員、小林充(古野陽大)が殺害された事件。重要参考人として柳井健斗(寺西拓人)の名が浮上する。柳井は過去に実姉を何者かに殺され、さらに、警察の誤認により容疑を着せられた実父を自殺で亡くしていた。警察上層部はその不祥事を隠ぺいするべく「柳井を追うな」と指示を出す。そんな中、姫川玲子(二階堂ふみ)は菊田和男(亀梨和也)たちを巻き込まないよう、単独で捜査を進める。

小林殺害事件には暴力団組織同士の内部抗争の可能性もある。一方で、かつて小林は柳井の姉と恋人同士だったため、もし、柳井の姉を殺害したのが小林だとしたら報復のために柳井が小林を殺害した可能性も十分に考えられる。

時を同じくして柳井の行方を追っていた牧田勲(山本耕史)。牧田は西堂組傘下、極桜会の会長だった。初めこそ牧田の素性を知らずに接触した姫川だが、その正体が明らかになった後も本能的に禁断の関係に溺れていく。そんな中、西堂組跡目争いの本命と目される仁龍会会長、藤元英也(鈴木隆仁)が殺害され、藤元を撃ったと思われる拳銃には柳井の指紋が付着していた。二人を殺したのは本当に柳井なのか?事件を追う姫川を衝撃の事実が待ち受ける。

木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』
フジテレビ系
第8話 5月30日(木)後10時~10時54分

<出演者>
二階堂ふみ
亀梨和也

江口洋介

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/strawberrynight/
公式Twitter:https://twitter.com/team_himekawa

©フジテレビ




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。