玉城ティナ:「惡の華」仲村さん役に自信 ほかの演者なら「嫉妬」 原作者も「恋をしました」と絶賛

 モデルで女優の玉城ティナさんが9月15日、東京都内で行われた映画「惡の華」(井口昇監督、27日公開)の直前試写イベントにスペシャルゲストとして登場。同作は押見修造さんの異色マンガが原作で、「クソムシが」などという言葉を吐き問題児の仲村佐和を演じた玉城さんは「強烈なキャラをやれてうれしく思います。もし、ほかの方が演じていたら嫉妬したと思う。そういう風に思える作品に出合えてよかったです。見たことがない邦画(作品)になった」と自信をのぞかせた。




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。