玉山鉄二:政府に食い込む敏腕記者役で情報の大切さ痛感 「どの情報を体に入れるかは大事」

 俳優の玉山鉄二さんが9月30日、東京都内で行われた自身が主演を務めるWOWOWの連続ドラマ「連続ドラマW トップリーグ」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場。“トップリーグ”と呼ばれる総理大臣や官房長官、与党幹部に食い込んだごく一部の記者・松岡を演じた玉山さんは、「トップリーグという存在は知らなかった。ただそういった部分でもしかしたら少し政治が動いているのかと思うと少し怖い」と明かし、「『自分で選んでいるつもりが選ばされているんじゃないか』というせりふがあるのですが、たとえば普段どこか店に行って商品を取ったときに選ばされているのでは……とか勘ぐる要素を感じた。テレビやSNSなど情報があふれかえる中、自分がどの情報をキャッチして体に入れるかは大事」としみじみと語った。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。