中島裕翔が殿堂入り&山本美月が初受賞「ベストジーニスト2019」発表 新設の次世代部門に井手上漠&石橋静河

“最もジーンズが似合う有名人”を決定する「第36回ベストジーニスト2019発表会」が15日(火)に都内で行われ、中島裕翔(Hey! Say! JUMP)、山本美月、出川哲朗、長谷川京子、E-girlsが受賞した。
投票による「一般選出部門」で12万6,853票を獲得し、見事3年連続受賞の殿堂入りとなった中島は金色の盾を受け取り、「本当に名誉ある賞ということで、そして今年で3年連続、ストレートで獲らせていただくことができて、心なしか(盾も)昨年よりずっしりと重みがあるように感じます。感慨無量です。投票してくださったファンの皆さん、ありがとうございました」と喜びのコメント。
Hey! Say! JUMPのメンバーからお祝いの言葉はあったかと聞かれると、メンバー全員で共有しているスケジュールアプリがあることを明かし、「そこにチーフマネージャーさんがこの日『ベストジーニス賞』ってスケジュールを入れてくれて、そこにメンバーがコメントできるんですけど、有岡(大貴)が『ト抜けてるよ!』って書いてくれました。それくらいですかね。おめでとうとかは何もないんですよ」と苦笑いしていた。

今年初受賞となった山本は「このような歴史ある賞を受賞させていただきありがとうございます。まさか自分がいただけると思っていなかったので、聞いた時はとてもビックリしました」と率直な心境を吐露。79,502票を獲得し、「普段からジーンズを愛用しているのでとてもうれしいですし、何より一般選出部門ということで、8万人近い方が頭の中に私のことを思って投票してくださったということがとてもうれしいです」と笑顔を見せた。
ジーンズは20本ほど所有しているそうで、「撮影がある日はスキニージーンズは履かないようにしています」と、仕事によって体に跡が残らないワイドなものを選んだりと気を遣っている様子。反対に休日はスキニーを穿くことが多いといい、「起きてスキニーに着替えると気持ちがシャキッとする」と話した。

本年より新設された「次世代部門」には、第31回ジュノンスーパーボーイコンテストにてDDセルフプロデュース賞を受賞し、注目を集めている現役男子高校生・井手上漠と、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』でブルーリボン賞の新人賞をはじめ多くの新人賞を受賞している女優の石橋静河が選ばれた。

「ベストジーニスト」は、日本ジーンズ協議会が、ジーンズの良さを多くの人に知ってもらうという趣旨で毎年1回選出。全国一般消費者からの投票により選ばれる「一般選出部門」と、同協議会が推薦・選出する「協議会選出部門」、「次世代部門」の3つの部門で表彰を行う。「ベストジーニスト2019」一般選出部門上位10名は下記の通り。

「第36回ベストジーニスト2019」受賞者

「ベストジーニスト2019」一般選出部門上位10名投票数

<男性>
1位 中島裕翔 126,853票
2位 ジェジュン 97,776票
3位 永瀬廉 24,646票
4位 高橋恭平 23,120票
5位 西島隆弘 21,324票
6位 正門良規 14,738票
7位 末澤誠也 13,041票
8位 増田貴久 11,945票
9位 森田美勇人 9,022票
10位 小瀧望 8,504票

<女性>
1位 山本美月 79,502票
2位 新木優子 62,204票
3位 今田美桜 25,595票
4位 石原さとみ 21,370票
5位 中条あやみ 17,630票
6位 新垣結衣 16,555票
7位 山本彩 12,320票
8位 白石麻衣 11,941票
9位 滝沢カレン 10,821票
10位 森星 10,131票

※一般ハガキ投票2,531票・WEB投票423,985票・投票総数426,516票




あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。