じゅんいちダビッドソンが独立して新会社設立!その裏側がこちら・・・

結論

仕事の幅が広がってスケジュール管理が難しくなったことを所属していた事務所の社長に相談したところ、独立することに。ブログではこれ以上ないほどの円満退社である旨を綴っています。

サッカー元日本代表の本田圭佑選手のモノマネでお馴染み、お笑い芸人のじゅんいちダビッドソンさんが、2019年12月まで所属していたアミー・パークより独立し、個人事務所「合同会社潤一」を設立しました。

独立を機にさらなる”伸びしろ”を目指していく彼について、詳しくご紹介していきます。

プロフィール

【生年月日】1975年2月4日
【出身】兵庫県
【血液型】B型
【身長】174.6cm


元々はお笑いコンビ「アルパチ」を1988年に結成していたものの、程なく解散。

その後は違う相方と「ミスマッチグルメ」というコンビで11年間活動されていました。

こちらも2011年に解散し、以降はピンで活動しています。

芸人として売れていない期間が長く、引越し業、スーパーの深夜業務、コールセンターでのクレーム対応などのアルバイトを経験。

24歳の頃はアルバイト先であるビリヤード場の倉庫に、約半年間住んでいたこともあったそうです。

2015年にR-1ぐらんぷりで優勝したことをきっかけに、メディアへの露出が増加。

同年7月には、地元兵庫県のJリーグチーム「ヴィッセル神戸」の応援大使に就任しました。

プライベートでは、2014年に一般女性と結婚

翌年に開催した結婚披露宴では、モノマネをしている本田圭佑選手からもビデオメッセージが寄せられたそうです。

結婚6年目となりますが、今のところ子供はいないようです。

事務所から独立!新会社はどんな会社?

2020年1月6日、自身のブログで所属事務所から独立し、新会社「合同会社潤一」を立ち上げたことを報告されました。

突然のニュースに驚いた人も多いでしょう。

芸能界ではしばしばある事務所からの移籍や独立ですが、彼の場合は事務所とのトラブルや金銭トラブルなどが原因ではありません。

独立の理由は、「スケジュール管理が大変だから」ということです。

彼は、2019年からテレビやイベント出演だけではなく、YouTubeやキャンプのオンラインサロンなど、仕事の幅を広げてきました。

テレビやイベント出演に関しては所属していたアミー・パークが営業、スケジュールの管理を行っており、YouTubeやキャンプのオンラインサロンに関しては、個人で行っていました。

しかし、仕事の幅が広がったこともあってスケジュールの管理が難しくなってしまい、アミー・パークの網井雄三社長に「スケジュール管理を1個にまとめたい」と相談。

網井社長は区切りの良い2019年内いっぱいでの独立を認め、「うちを離れるなら、自分の会社をつくって頑張れ」と後押ししてくれたそうです。


そして、2020年1月1日付で「合同会社潤一」の社長に就任したのです。

ブログでは、「長い間、本当に長い間、お世話になったアミーパークには感謝の気持ち以外ありません。社長を含めアットホームな空気でゆっくりと育つ事ができたからこそ、今があると思ってます」と感謝の気持ちを綴りました。

また、「アミー・パークが取ってきた仕事を、そのまま引き継がせてくれた。円満独立どころじゃない。本当に感謝しています」と明かしました。

便宜上、新事務所の代表は彼が務めることになるのですが、会社の事やスケジュール関連などのマネージメントに関しては、他の社員に任せているそうです。

そのため今後もメディア、イベント、お笑いライブ、YouTube、オンラインサロンなど、活動内容自体は大きく変わることはありません。

そんな彼の新たな一歩を見守っていきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?

芸能人が事務所から独立と聞くと、過去の例からしてあまり良いイメージを持てない人も多いと思います。

実際過去の独立騒動の裏では、事務所と芸能人のトラブルが報じられることがほとんどでした。

しかしじゅんいちダビッドソンさんの場合は、円満に退社できていたようです。

しかも単純に円満退社ができただけではなく、事務所を辞める彼の2020年の仕事オファーをまとめて、引継ぎを行ってくれるなど、「円満どころではない、”円満の向こう側”」という言葉で語っていました。

2020年から新事務所の代表取締役としての肩書きも持つことになりましたから、今まで以上に責任が重大になってきましたね。

代表取締役の立場ではありますが今後もメディアの出演を含め、芸能人として活躍されていくそうなので、今後の活躍に注目したいと思います。




おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。